教育をサポートする 株式会社ERP<ERP教育研究所>

ホーム

情報誌・教育プロ

一般書(教育)

サポート事業

会社案内・ERP教育研究会

梶田叡一先生のページ

ERPのブログ

今回の表紙は、興國高校です。プロスポーツ選手からグローバルに国際社会に貢献する人材まで幅広く育成する「オンリーワン教育」の学びの様子を取り上げています。幅広い学びが受けられることはとても素晴らしいですね。

◆編集後記
今号の記事で注目は京都精華大学理事長の石田涼氏の【NOWいんたびゅう】(18―22面)。〝表現の総合大学〟を標榜するだけにお話の内容もユニークで個性的でした▼曰く、「これまでの〝ロジカルシンキング〟だけではダメで、〝デザインシンキング〟でも物足りない、これからの時代は〝アートシンキング〟で、0から1を生み出す力をもっている。既成概念にとらわれないイノベーションはその思考から生まれる」▼「日本って何だろう」(24―25面)では、渡邉規矩郎氏が、新元号「令和」の決定を受けて、古代中国から漢字文化として伝来し、「元号」が日本で定着するようになった歴史的経緯などについて解説しています▼なお、【先輩・後輩教師トークセッション】というタイトルでコラムを長年(197回・13年)にわたり執筆いただいた北川惠司氏(「教師力UPフィールド」代表、元大阪市小学校長)が、今号で筆を擱(お)くことになりましたので、お知らせいたします。(佐藤安市)

◆【TOPIC】不登校を乗り越え、定時制で個性を開花。今春、芸術系大学に進学 を読みました
インタビューを受けられた桝矢麗(ますや・うらら)さんの話です。ものづくりという自分のやりたいことができる定時制工科高校へ進み、夢中になれることに取り組むだけでなく、10以上の免許資格も取得し、芸術大学の美術学科に進学するということで、すごく素敵な話を知ることができました。一生懸命熱中したいことに出会い、確実に進路へと突き進むという、とても貴重なことだと感じます。

教育PRO読者様の感想をお待ちしております!お気軽にこちらからお願いいたします!


2019年4月18日  3:04 PM |カテゴリー: 未分類

ERP教育研究所の理事として、奈良学園大学 人間教育学部 松井典夫先生からコメントを頂きましたので、ご紹介させていただきます!

今号で目を引いたのは、冒頭2本の原稿がどちらも海外に視線を向けたものだったことです。島崎氏の「微笑みを失った国 タイ・バンコクにて」では、かつての「微笑みの国」が、その微笑みを失った要因について言及され、従順さを育んで(しまって)いると述べられています。私は毎年、学生を引率してカンボジアを訪れます。そこには、まだ微笑みがあふれています。私がカンボジアに惹かれるのは、貧しくとも微笑みを絶やさず、「今日より明日は、きっとよくなる」と無邪気に信じて生きている姿に感銘を受け、自身の矮小な生き様を省みさせてくれるからです。しかし、おそらくカンボジアからも、島崎氏が指摘する種々の要因から、微笑みが失われる気もしています。それが国家の、国民のある種の成熟なのかとも感じています。 しかし、それを感じることができるのも、海外を訪れるからです。その重要さについて、矢野氏の「アウトバウンド」が述べています。インバウンドで沸くことは経済的な潤いへの期待であって、実は日本人の成長へとつながることなのではないと、矢野氏の原稿から感じられました。先のカンボジア研修で、学生たちはクメール人と日本人の道徳性に対する考え方、意識の持ち方の違いに驚く場面がありました。それは、海外に出たからこそ実感し得たことであり、海外に出てはじめて「自分は日本人なのだ」と知り、次に「同じ人間なのだ」という考えにつながっていくのでしょう。 お二人の原稿から改めて考えさせられたのは、人の生き方、国のあり方を含めた「多様性」(ダイバーシティ)の大切さであり、「多様性の許容が微笑みを守る」のだということでした。

以上です。素敵なコメントを頂きありがとうございます。 教育PROは皆様からの感想を募集しております!お気軽にこちらからお願いいたします!


2019年4月17日  5:41 PM |カテゴリー: 未分類


今回の表紙は桃山学院教育大学のカンボジア研修の様子です
研修というと様々なものがあり具体的なイメージが沸きづらいこともあります。現地の学校の方々と交流する姿を見ると、とても沢山のことを学べる貴重な時間を過ごせることを予感させます。

やはり、「人」の姿があることは様々な時に、私たちに感銘を与えてくれるのかもしれませんね。研修のみならず、何かしら海外に行く決心がつかないとき、ふと「現地の人々から学べる沢山のこと」について、色々な予感を頭に浮かべると、心躍る気がします。

小中学校、スマホをどう見るべきか?
いまや驚くような様々な機能が備わったスマートフォン、通称スマホですが、SFの物語世界のように、高度な文明には必ず危惧すべき問題が存在するものです。OPINIONコーナー、中杉隆夫氏(前姫路市教育長)は、『公立小中学校におけるスマホ持ち込みについて』問題提起しています。

スマホは確かに便利すぎるほどで、機能を知れば知るほど手放せなくなる端末です。おそらくスマホを所持していてもすべての機能を把握している人は少ないでしょう。えっ!こんなことができるの?という機能もあります。いまや大げさではなく、映画のSFなどの世界は半分現実になりつつあります。

GPS機能で子どもの場所が特定できる・簡易に連絡をとるが可能などの機能は一見よいものに思えますが、いくらでも悪用することができると言われれば確かにそうです。
使い手次第なところが大きいツールを、便利な側面だけをみて小学生の段階で導入してしまうことへの懸念。まだ精神的に未成熟な段階で高度すぎる文明に触れることは、時に予想もつかない事態を呼び起こしてしまうのでは、と気づかされます。どんなに素晴らしいツールも、知識を身に付けて適切に扱う人間あってこそなのではないかなと感じました。

<編集後記>
今号では、コーナー「OPINION」(十二面)に前姫路市教育長の中杉隆夫氏が初めて登場です。今後、定期的に執筆いただく予定です▼中杉氏は、1949年兵庫県生まれ。県立高校の国語教諭として勤務の後、県教委事務局に勤務。1995年の阪神・淡路大震災では、教育の復旧復興に向けた学校防災教育の体系づくりや関連施設の企画推進に取り組みました▼それが県立舞子高校に全国最初の「環境防災科」の設置として実を結び、全国に広がりました▼その後5校の高校長歴任後、2010年から姫路市教育長を務めました▼また、今号の記事で注目されるのが「NOWいんたびゅう」(22-25面)に登場の大阪総合保育大学 大学院学長の大方美香氏です▼立ち上げ時にカリキュラム策定などに携わった経験を述べていますが、2006年度に開設の初年度の1回生からインターンシップを導入した経験や、「絶対、退学させない」というモットーについて、その思いを語っています。(編集長:佐藤安市)

教育PROでは、特に面白かった記事や、興味深いテーマなどについてご意見ご感想を募集しています。
こちらのフォームから是非メッセージをお寄せください!(ご紹介時に、所属記載可能・匿名ご希望など承ります)
いつの号のご感想でも構いません。あの時のあの記事について、著者へどうしてもメッセージをおくりたい、この大学の○○学部の取材をもっとみたい、なども歓迎いたしております!


2019年4月16日  5:04 PM |カテゴリー: 未分類

お待たせいたしました!次号の投稿と前後いたしましたが、

教育PRO 2019年第6号・3月5日をお届けいたします!

今回の表紙は奈良学園大学です!
人間教育学部と保健医療学部それぞれで、「教員採用試験対策講座」と「看護師国家試験受験対策講座」を授業外開催し、手厚いサポート体制で学生全員の合格を目指しておられます。
どちらも、学生の助けとなるシステムが非常に重要視される分野です。教員採用試験も、看護師国家試験も学生たちはその学びの最中から、色々な不安でいっぱいだといいます。何事も最後までやり遂げるためには、時に助けが欲しくなります。そんな中で、継続的に取り組むための、あらゆるサポートの心強さは一言で表せるものではないと思います。

なんでもインターネットで解決してしまう時代
「随想」コーナー、武庫川女子大学 教育学部長(2019年度)矢野裕俊氏が、日本の出入国の変遷、なかでも若者の海外離れについて、詳細なデータをもとに理由や問題・考察について執筆されています。かつての日本は訪日よりも出国する人が多かったものの、2014年以降は圧倒的に訪日される数が出国を上回る結果が続いているといいます。

訪れる外国人が増えた理由は、入国条件の緩和や観光目的である反面、出国する日本人の数が伸びていない理由のひとつに発展的な要因もあることに気づかされます。海外旅行などに行くにも費用と体力が必要なこと、また経済的理由のほかにも、忙しさや、手続きなどもあり、どうにも手間を煩わしく感じてしまう人もいるといいます。

そこで感じたことですが、今やインターネットを使えばおおよその情報が手に入ってしまう世の中になりました。海外に行きたい気持ちはあるが時間的余裕や心理的なものが邪魔をする。なら、景色だけでも楽しみたいのでGoogle Mapで旅気分を味わおう。動画を観よう。海外の友人とSNSで交流しよう。現地にいけなくってもこんなに色々なことができてしまう。実際に足を運んではじめて体感・実感できることがあるとしても、それを認識せずに暮らしてゆけてしまうのです。

矢野氏は、「日本に来てくれる外国人をとおしてのみ外国や外国人に対する見方を形成するのはまずいことである。場合によっては、それは無関心よりも恐ろしい。」と締めくくられています。何よりもハッとさせられるお言葉です。出入国のみならずあらゆる文化的価値観の理解に関わるテーマです。発展に伴い失われる価値観とは何か、また、失わないために心に留め続けたい「古くからの伝統・基本」が、生きていく上では沢山ありますね。

<編集後記>
前号と今号に大阪府立高校の現場の教員からの高校総合学科の研究実践リポートが掲載されています▼高校の新学習指導要領では様々な改革が盛り込まれていますが、政府の教育再生実行会議は今年一月に発表した中間報告で、普通科、専門学科と併せて「総合学科」についても問題提起しています▼「照一隅」で河田修氏も言及しており、「総合学科」の学びの中身をどのように充実させるのかが大きな課題であると思います▼総合学科は、普通教育を主とする学科である「普通科」専門教育を主とする「専門学科」に並ぶものとして、平成六年度に導入された、高校教育改革のパイロット的な学科として注目されました▼総合学科の教育の特色として、幅広い選択科目の中から生徒が自分で科目を選択し学ぶことが可能であり、生徒の個性を生かした主体的・探究的な学習を重視することなどです。新しい指導要領の理念にも合致しており、現場の元気な教育実践から学ぶ必要があると思います。(編集長:佐藤安市)

教育PROでは、特に面白かった記事や、興味深いテーマなどについてご意見ご感想を募集しています。
こちら(http://erp-kyoiku.com/mail.htm)のフォームから是非メッセージをお寄せください!(ご紹介時に、所属記載可能・匿名ご希望など承ります)
いつの号のご感想でも構いません。あの時のあの記事について、著者へどうしてもメッセージをおくりたい、この大学の○○学部の取材をもっとみたい、なども歓迎いたしております!


  4:56 PM |カテゴリー: 未分類

ERP教育研究所の理事として、奈良学園大学 人間教育学部 松井典夫先生からコメントを頂きましたので、ご紹介させていただきます!

3月19日号の「教育PRO」の感想を述べます。
今号は、多くのお世話になっている先生方が執筆されているのですが、今回は長尾彰夫先生の「大学入試に「失敗」はしたけれどー」について。
長尾先生は記事のまとめの中で、“昨今の教員養成を巡る政策的動向には教員養成の目的化、計画化を図ろうとする方向が見られ“、それは“教員養成の多様性や積極性を失う可能性を危惧する“という考えが示されているように思われます。この長尾先生の記事を読んで、あることを思い出しました。
長尾先生が大阪教育大学の学長であり、私が附属小学校の教員だった時、某新聞社のインタビュー取材で、長尾先生はこのようなコメントを残されました。
“いい教師というのは、教師一直線だった者がそうなるとは限らない。実際に、学生時代に釣りばかりして勉強しなかった学生が、今や国立大学の附属小学校で中堅教員として活躍している“。
この長尾先生のインタビュー内容の、ある学生とは、まぎれもなく私でした。実際にはもっと個人が特定されそうな(私という)インタビュー内容だったそうで、大学から注が入り、それでもかなり緩和された内容になったようです。
ここで感じられるのは、長尾先生の中での「教師像」は、その当時も今回の記事でも一貫しているということです。その長尾先生の「好み」は、昨今の多種多様な課題が噴出する学校教育現場において、「これからの教師」にとって必要な資質能力を、的確に表しているような気がします。


以上です。素敵なコメントを頂きありがとうございます。

教育PROは皆様からの感想を募集しております!お気軽にこちらからお願いいたします!


2019年4月15日  10:13 AM |カテゴリー: 未分類

今回の表紙は、大阪芸術大学です。卒業制作授賞式の模様をお送りしています。本誌では、学長賞を受けた学生へのインタビューも掲載しています。卒業生がこれからどのように羽ばたいていくのかとても楽しみですね。

◆編集後記
今号も新しい執筆者の登場です。「学びをつなぐ」という新タイトルのコーナーに奈良学園大学人間教育学部の善野八千子教授がコラムを執筆します▼学校間接続が問われる中、子どもにとっては集団活動のスタートとなる幼稚園・保育所の幼児と小学校の児童とをつなぐ幼保小連携が重要視されています▼社会問題となった“小1プロブレン”は、小学校に入学したばかりの1年生が、集団行動がとれない、授業中に座っていられない、先生の話を聞かない、などと学校生活になじめない状態が続くことの意味ですが、幼保連携の問題にいろいろな視点からわかりやすくアプローチします▼また「グローバル化と英語教育」では、大阪府立箕面高等学校の森田琢也首席が英語科における「主体的・対話的で深い学び」の授業について執筆しています▼毎号掲載の「相談室」では西林幸三郎氏が、23~25日、沖縄県石垣島に行かれ、米軍の辺野古基地新設の賛否を問う「沖縄県民投票」の現地リポートを書いています。(佐藤安市)

◆時評 「食」と地域づくり を読みました。
「食」は、生命を維持するためだけのものではなく、人間関係作りのツールとしての役割を果たすことがあるということに気付かされました。その一つとして、「子ども食堂」では、みんなで食事をすることで楽しさを共有したり、子どもの様子を確認したりする機会としても活用されているということが紹介されています。改めて、「食」の奥深さを知ることができました。
教育PRO読者様の感想をお待ちしております!お気軽にこちらからお願いいたします!


2019年4月8日  9:19 AM |カテゴリー: 未分類


テーマ 「大学入試はどう変わるか – 高校教育はどうあるべきか-」(第9回高大接続研究会

「現在では、大学入試問題から逆算して高校授業をする等の議論ではなく、高校教育における『主体的・対話的で深い学び』の工夫と、大学教育の質的改善の成果をつなぐための議論がおこなわれている」

研究会では、独立行政法人 大学入試センター審議役(併)試験・研究統括補佐官 大杉住子氏をお迎えし、講演をしていただきました。


「大学入学共通テスト」「新学習指導要領」と一聞しただけでは、具体的に目指すべきところを考える上で、戸惑いが生まれることもあるかと思います。そんな漠然としている、しかし確実に迫りつつある新しい教育や改革というテーマについて、非常にわかりやすくお話されています。ここではとくに、あらゆる場面で重要性が見直されつつある、『高大接続』の本質について核心にせまったテーマを語られています。


たとえば大学の先生が大学入試問題を実際につくるときも、本来であれば高等学校の実際の授業をみて模索するべきところを、ほぼ教科書を見て作成することもあるでしょう。そこで、大学入試センターでは、大学の先生と高校の先生が連携・協力しながら入試問題を作問する取り組みが進んでいます。さらに、2020年度からスタートする『共通テスト』の内容についても、今後より緻密な話し合いの必要性が予想され、高大連携の成果が期待されます。


共通テストだけではなく、教科ごとに大切にされてきた学習過程、高校教育の有り方といったテーマを前提に、その成果を最大限捉えるための改革。誰もが気になる課題に対する本質的な見方と改革が、今まさに進んでいます。そのように、重要でありながらも、容易に接する機会が得づらかった高大連携の集いや、各々の情報共有のための改革に、関心が高まりつつあります。


2019年4月2日  5:48 PM |カテゴリー: 未分類

二瓶弘行先生をはじめとする「国語教育の鉄人」の先生方が、教科書定番教材のポイントをやさしく解説!
『国語教科書定番教材の授業』大好評発売中です!

監修 梶田叡一先生(桃山学院教育大学 学長)
編著 二瓶弘行先生(桃山学院教育大学 教授)

著者
阿部秀高先生(森ノ宮医療大学 教授)
今宮信吾先生(桃山学院教育大学 准教授)
山下敦子先生(神戸常盤大学 准教授)

お求めはAmazon

またはERPフォーム

またはFAXにて受付中です!申し込み用紙


  5:38 PM |カテゴリー: 未分類
 
 
 
 
 
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

梶田叡一先生について

メッセージ・略歴・著書

商品・業務紹介

「教育プロ」の発刊

古文・名文暗唱ノート

ERPブックレット ERP TMシリーズ

作文・小論文添削講座

PISA型学力テスト

講師派遣・コンサルタント

大阪私中高連

アマゾン

facebook

twitter

Page Top