教育をサポートする 株式会社ERP<ERP教育研究所>

ホーム

情報誌・教育プロ

一般書(教育)

サポート事業

会社案内・ERP教育研究会

梶田叡一先生のページ

ERPのブログ

四天王寺大様にお邪魔しました。

2019年度4月から新設の看護学部へは大きな期待が集まっています。


なんといっても注目を集めるのは、教育PRO 2018年11月20日号でも山本あい子看護学部長が実際の学習での活用法を語ってくださった、「高機能シミュレータモデル」のすばらしさではないでしょうか。


「圧倒的な設備の魅力があると思います。足を運び、詳しく見てみたい」「新設学部ならではのフットワークで、他にない強みを打ち出してくれると期待しています」「四天王寺大学に看護学部ができるのを待っていた声は多いです」など、訪問した高等学校で感想を集めた折にも非常に人気が高く、今後がますます楽しみです。


2019年2月18日  4:33 PM |カテゴリー: 未分類
平成31年2月16日(土)

第18回 教師力向上研究会を開催します。

◇参加費(資料代含む)◇

個人会員様・団体会員様   500円(資料代として)

当日会費         1,500円(資料代含む)
主体的・対話的で深い学びがテーマの研究会です。是非皆様お誘いあわせの上、ご参加いただけましたら幸いです。


⇒お申込みページ(参加する研究会・日付・勤務先を明記の上)


2019年1月31日  3:26 PM |カテゴリー: 未分類
今回の表紙は興國高等学校です。生徒の皆様が持っているのは古典名文暗唱判定テストの合格者に送られる認定証です。学びの成果が目に見える形になるのは嬉しいですね。
◆編集後記
新年特集第2号をお届けします。今号は、各教育委員会、校長会の代表の方々の「年頭所感」を掲載しています。その多くが人工知能(AI)やロボティクス、ビックデータ分析と活用等が飛躍的に進化した「Society5.0」(超スマート社会)にむけた人材育成を強調しています▼各コーナーに寄稿された記事では、特別支援教育、英語教育、グローバル化、スポーツと部活動、主権者教育など、最前線にあるテーマが取り上げられています▼「教育現場におけるLGBTQ対応」と題した連載を執筆している高安健一・獨協大学教授は、「LGBTQ対応は、大学の社会的責任である」と説き、ハラスメントや差別の存在を強く認識し、組織的に対応している大学を紹介しています▼多様化に目を向ける視点では、「スクールリーダー」コーナーで連載している堀田千絵・関西福祉科学大学准教授が「発達障害」の子どもたちへの教育的対応を具体的に紹介しています。他の子どもへの教育指導にも通ずる内容だと思います。(佐藤安市)
◆スポーツと教育「どっちでもいい」を読みました。
記事の中で「勝っても負けてもどっちでもいい」、結果よりも努力の過程を評価する価値観があってほしい、という一文が書かれています。社会へ出ていくと、どうしても結果を求められることの方が多いように感じますが、この記事を読んで何かに一生懸命取り組んだ経験は、生きていく上で大きな財産になると感じました。

さて、昨年から教育PROの記事掲載方法が少し変わっています。筆者の顔写真をお入れするようになっているのですが、皆様お気づきでしょうか。記事だけでなく写真があることで親しみが湧きますね。
教育PROは読者様の感想をお待ちしております。お気軽にこちらからお願いいたします。


2019年1月29日  2:32 PM |カテゴリー: 未分類

2019年は、弊誌「教育PRO」の毎号の内容紹介寄せられたご感想の紹介などを行ってまいります! より身近な教育情報誌となるよう、さまざまな情報を発信していくことができたらと思います。本年も「教育PRO」へのご愛顧を賜りますようお願いいたします。

2019年は「穏」の年に

2019年1月15日号は新年特集第1号として、恒例の文部科学大臣をはじめとする文部科学省幹部の方々の「年頭所感」を掲載しています。

その中で、科学技術・学術政策局長の松尾泰樹氏は、わが国の科学技術力が国際的に低下していることに警鐘を鳴らし、「研究力強化と科学技術イノベーションの推進」を述べています。

昨年ノーベル生理学・医学賞を受賞した本庶佑さんもイノベーションの源泉となる基礎研究の推進と、若手研究者と女性研究者の育成・支援を、大学改革と一体的に推進することを訴えておられます。

2018年の旧年は、「災」が世相を表す漢字に選ばれるなど災害の多い一年でしたが、一方で日本人にボランティア感が根付いてきたのも明るい兆しです。気候的には今年こそ平「穏」で、社会的には2020年東京オリンピック・パラリンピックをにらんで躍動する一年になってほしいものです。(編集長:佐藤安市 編集後記より)


とある男子高校生との対話と成長

『風紋』コーナーの巽俊二氏は、実際の学校内でのエピソードを描かれており、読者から「面白かった」「読みやすい文体が好き」という反響もうかがいます。今回は、男子高校生の成長のエピソードを綴られています。生徒との素朴なやりとりの一つひとつに心が揺さぶられる想いがしました。「対話」って、すごい力をもっているんだと思います。言葉選び次第でやわらかさ、印象が変わるのは文字だけではなく、話し言葉でも大事なことです。それが相手の持っている何かを引き出せるのですね。



教育PROでは、特に面白かった記事や、興味深いテーマなどについてご意見ご感想を募集していますこちらのフォームから是非メッセージをお寄せください! 当ブログにてご紹介させていただきます。いつの号のご感想でも構いません。あの時のあの記事について、著者へどうしてもメッセージをおくりたい、この大学の○○学部の取材をもっとみたい、なども歓迎いたしております!


2019年1月21日  4:29 PM |カテゴリー: 未分類

ミュージックサーカスのメンバー(辻本明日香さん、辻本恵理香さん、山口聖代さん)にお会いしました。

グループの出発点は、インドでストリートチルドレンの仲間に音楽を演奏したとき、「マネー」「マネー」と声を上げていた子どもたちがいっぱいの笑顔になったことだそうです。

その後、音楽やアートのジャンルを超えてジョイントし、メッセージ性のあるパフォーマンスをめざして活動しています。日産ゴーン会長の「所得隠し」や高齢者を狙った「オレオレ詐欺」等のセチガライ話題が多い師走に春風を感じるグループでした。


2018年12月21日  4:29 PM |カテゴリー: 未分類


平成30年12月15日(土)

第9回 高大接続研究会を開催します。

◇参加費(資料代含む)◇
個人会員様・団体会員様   500円(資料代として)
当日会費         1,500円(資料代含む)


2020年問題に先駆け注目を集めるテーマの研究会です。是非皆様お誘いあわせの上、ご参加いただけましたら幸いです。


⇒お申込みページ(参加する研究会・日付の明記の上)

⇒FAX用 pdfファイル(申し込み用紙つき案内)はこちら


2018年11月13日  10:21 AM |カテゴリー: 未分類


桃山学院大学:牧野丹奈子学長

桃山学院大学は経営学部に2019年4月、ビジネスデザイン学科を開設します。そのコンセプトを学長牧野丹奈子先生にお聞きしました。

AIに代表される技術や環境変化に対応するために、人間力を基盤にしつつ、分析、調査、企画、実践をスパイラルで積み上げていく学びを柱にしています。また、学生と企業の社員が一体となったクリエイティブな課題追求がメインのアクティブ・ラーニングです。

牧野学長の新しい学科にかける「思い」を強く感じました。大学改革が求められる中、この「ビジネスデザイン学科」の手法は広く高等教育に生かされていくと思いました。


※11月22日以前、経済学部 と誤記がありましたことをお詫び申し上げます。正しくは 経営学部 です。


2018年11月8日  1:20 PM |カテゴリー: 未分類


2019年度に看護学部を新設する四天王寺大学にお邪魔し、設置準備室の山本あい子先生と入試広報課の原田奈緒美様とお会いしました。


静かな羽曳が丘住宅にある学び舎は校門から緩やかな桜並木を下ったところにあります。広いキャンパスの入口近くに看護学部の校舎が建設中でした。
お二人とも底抜けに明るく、高齢化社会やAI時代に対応する看護師の育成や、意欲ある優秀な学生をいかに確保するか等について夢を語っていただきました。


2018年10月9日  3:00 PM |カテゴリー: 未分類

2019年版もご好評頂いております『過去問速攻』につきまして、一部、訂正がございます。ご迷惑をおかけいたしましたことを深くお詫び申し上げます。
また、既にお買上げいただいておりますお客様、誠にお手数でございますが、画像をご確認くださいます様、何卒よろしくお願い申し上げます。


2018年10月5日  5:29 PM |カテゴリー: 未分類

大城光正先生(京都産業大学学長)にお会いしました。京都産業大学は「社会の変化に対応する大学」をモットーに改革を進めています。

2019年には「国際関係学部」「生命科学部」「経営学部」が新設されます。それぞれの学部の特色についてお話をお聞きしました。

どの学部も「面白い」というのが第一印象です。高等教育で「面白い」という印象は不謹慎かもしれませんが、学生にとっては魅力ある大学であることは間違いありません。

例えば、文科系生徒の入学も認める「生命科学部」、外国語習得をツールとして政治・経済・共生を学ぶ「国際関係学部」、マネジメントはもちろん地域創生(町おこしやテーマパーク)に取り組む「経営学部」等、課題を追及する中で専門的知識も習得するスタンスは高等教育の新しい形のような気がします。

「生きて働く力」を習得する京都産業大学に期待します。


2018年9月10日  5:38 PM |カテゴリー: 未分類
 
 
 
 
 
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

梶田叡一先生について

メッセージ・略歴・著書

商品・業務紹介

「教育プロ」の発刊

古文・名文暗唱ノート

ERPブックレット ERP TMシリーズ

作文・小論文添削講座

PISA型学力テスト

講師派遣・コンサルタント

大阪私中高連

アマゾン

facebook

twitter

Page Top