教育をサポートする 株式会社ERP<ERP教育研究所>

ホーム

情報誌・教育プロ

一般書(教育)

サポート事業

会社案内・ERP教育研究会

梶田叡一先生のページ

ERPのブログ

2019年12月21日(土)

第11回 高大接続研究会を開催します。

◇参加費(資料代含む)◇
個人会員様・団体会員様   500円
当日会費         1,500円

Society 5.0時代の教育ー英語教育における実用英語技能検定の役割ー」がテーマの研究会です。

是非皆様お誘いあわせの上、ご参加いただけましたら幸いです。

▼お申込みページ


2019年11月21日  5:34 PM |カテゴリー: 未分類

今回の表紙は、四天王寺大学の最新設備で構成された、現代的でアーティスティックな看護棟です。2019年4月に看護学部が誕生し、さらに2020年4月には大学院看護学研究科〔看護学専攻〕も開設されます。

<編集後記>
学校現場でのスポーツ活動をめぐる議論がさかんです。教員の働き方改革で、学校教育と部活動を切り離すという意見も出されていますが、学校現場の視点からみると理屈だけでは、一朝一夕で解決できない問題を含んでいます▼小学校の運動会での組体操の実施についても、賛否両論に分かれ、例年9月に実施が多かった秋の運動会も熱中症等の懸念から見直しが議論されています▼ゴルフ、テニス、卓球、ラグビー、バスケットボール、バドミントン、陸上、水泳、スキー、スケートなど、日本選手の実力は世界トップレベルで活躍できるまで高まっています▼その基礎はどこで培われているのかというと、小学校の体育科やクラブ活動、中学校の運動部活動が大きな役割を果たしていることは疑いのないところです▼弊誌では「スポーツと教育」コーナーで、四氏がリレー方式でそれぞれの立場からコラムを執筆しています。今号では、〝スポーツの力″をモットーにしている比嘉悟氏がバスケットボールのことを書いています。(佐藤安市)

<いのちのかけがえなさを感じる大切さ>

桃山学院教育大学人間教育学部人間教育学科准教授 今宮信吾先生の、いのちの教育を考える(11)では、いのちの大切さといのちを落とすことの悲しみ、またそれらにおける子どもたちの学びについて書かれています。
昨今、事故や事件で子どものいのちが亡くなる事件が後を絶ちません。そうした日常に流され、悲惨なニュースで受けた衝撃も、また新たな悲しいニュースにより、薄れていってしまうことがあります。今宮先生の記事では、被害者のご遺族のコメントや、子どもたちの詩が紹介されており、一人ひとりのいのちの尊さを思い出させてくれます。情報過多な時代だからこそ、忘れてはならない大切な感情です。

大阪芸術大学短期大学部保育学科長・教授 西林幸三郎先生の「学級担任が子どもの課題解決に重要な役割を果たすべきⅡ」を読みました。

この話では、担任の「あたり」「はずれ」問題について書かれていました。この問題について、西林先生は子どもの成長を信じて毎日をじっと待つ教育の営みと、「あたり」「はずれ」問題も担任の成長を信じ待つ姿勢が同じと述べられています。また管理職側が「あたり」「はずれ」と先生を評価したなら組織が崩壊するのではないかとも述べておられます。
この話を読み、「はずれ」と是認せずに先生の成長を信じ待つ学校は学校経営においてもよい関係が成り立ち、先生の成長とともに子どもからの評価もあがっていくのだろうと思いました。

教育PROでは、ご意見ご感想を募集しています!
こちら(http://erp-kyoiku.com/mail.htm)のフォームからお気軽にお寄せください。


2019年10月28日  4:02 PM |カテゴリー: 未分類



<教育PRO NO.21 9月17日号>
Focus 「中学校・高等学校の生徒指導」
      ~教師カウンセラーのあり方から考える~
相本秀彦氏・上宮学園中学校・上宮高等学校教諭)


購読者の方から教育PRO 9月17日号のコメントを頂きましたので、ご紹介させていただきます!

Focus「中学校・高等学校の生徒指導」
       ~教師カウンセラーのあり方から考える~を読んで

相本先生は兵庫教育大学大学院で臨床心理士の資格を取られ、現在は私立高校の教諭として勤務されています。このページでは「教師カウンセラーの役割と資質」についての考え方を的確に述べておられます。

『一般カウンセラーと教師カウンセラーの違いは、「教師と育師を兼ねる」ことが必要であるかどうか。特に、教えにくい「心」や「死」の問題についても生徒に自分が生きる意味を伝えていくことが大切である』
『そして、教師カウンセラーは心の深い話を聞くのだから、心の柔らかさとともに心のタフさが求められる』

思春期を迎える中学生・高校生のむずかしい生徒に対する先生の熱い思いが伝わる記事でした。

以上です。素敵なコメントを頂きありがとうございます。
教育PROは皆様からの感想を募集しております!お気軽にこちら(http://erp-kyoiku.com/mail.htm)からお願いいたします!


2019年10月11日  3:00 PM |カテゴリー: 未分類

2020年度4月、「対人援助」の専門職業人を養成する大学として3学部に再編する大阪人間科学大学学長 田中保和先生にお会いしました。
田中先生は、まず、高度化、専門化する知識や技能を習得すること、同時に、「対人援助」の根底にある総合的な学びを「対人援助演習」(チーム支援)を通じて習得することを大切にする。さらに、一歩前進して、「対人援助のリーダー」、「対人援助ヒーロー」を目指すことを目標にしていると述べられました。
社会がグローバル化、高度化、多様化する中で「対人援助」の持つ役割はますます大きくなると思います。高度で専門的な知識・技能と人間力を備えた卒業生が育つことを期待しています。


2019年10月4日  10:56 AM |カテゴリー: 未分類

今回の表紙は、2019年4月に開設された追手門学院茨木総持寺キャンパスです!駅からの利便性も良く、広く新しいキャンパスで最新の学びを受けることによって、生徒さんたちの可能性も広がりますね♪


◆編集後記

今号も、現在、教育界で議論されているテーマを取り上げた力作ぞろいの記事が集まりました。いくつか紹介します▼「時評」で吉田敦彦氏(大阪府立大学副学長・教授) は「新学習指導要領」の「対話的で深い学び」を真正面から取り上げ、「変容」をキーワードに論じています▼【OPINION】コーナーでは、中杉隆夫氏(IPU環太平洋大学客員教授、前姫路市教育長)が、学校の働き方改革を取り上げたコラムを掲載。小・中学校の部活動を学校教育と切り離すことや、教師へのリスペクト感を醸成する「教師の日」を設けることなどの改革を提言しています▼十月から「教育雑感」を新たに連載執筆することになった藤浦淳氏は、新聞記者出身で多趣味。今号では自分の「鉱物コレクション」を活用したワークショップを夏休みの子どもたちを集めて実施した体験を紹介しています▼ユーモアとウィットに富んだコラム「風紋」を毎号掲載している巽俊二氏は、チャップリンや「ミスター・ビーン」のエピソードを入れ「喜劇」というタイトルで読者を惹きつけています。(佐藤安市)

◆「OPINION」 学校の働き方改革に向けた「教師の日」を

中杉隆夫氏(IPU環太平洋大学客員教授)

中杉先生は兵庫県立高校の教諭、県教育委員会、校長、教育長と教育界の多様な職責を経験された中から、「学校の働き方改革」について的確な意見を述べられています。

教師の熱意と専門性にウエイトを置く「聖職的」なものと、「働く人」という立場の違いや、「校内業務の精選」と「地域連携の強化」等、相反し矛盾する考え方の中で模索する学校の現状が述べられています。

そんな中で明確な提案をされています。「一つは部活動を学校教育から切り離すこと、二つ目は「教師の日」を設けることです。特に「教師の日」の設立については、ぜひ、実現したいものです。新聞、テレビ等のメディアでは先生や学校の不祥事をよく取り上げています。しかし、圧倒的に先生や学校の指導、支援で「勉強が好きになった」「生活が立ち直った」「夢を実現した」「希望を持った」等の子どもが多くいるのです。教育の原点は感謝であり、生徒、学校、保護者、社会が同方向のベクトルを探ることだと思います。



教育PROは読者様の感想をお待ちしております。お気軽にこちらhttp://erp-kyoiku.com/mail.htm)からお願いいたします。


2019年10月2日  11:06 AM |カテゴリー: 未分類

今回の表紙は、宝塚大学 看護学部です!大阪梅田キャンパスの小児看護学演習の様子をご紹介しています!

◆編集後記
「芸術」と「看護」、一見結びつきがないような領域ですが、今号の「NOWいんたびゅう」(宝塚大学・成山治彦氏)<8―11面>の記事を読んで得心がいきました。同学は、芸術と看護という異なる領域を超えた新しい学びをつくろうと挑戦しています▼以前取材した京都精華大学のインタビュー記事でも、芸術学部で学ぶアートやデザインシンキングのできる学生が、畑違いの金融機関である信用金庫の受付窓口フロアをデザインした斬新さが評判になったとのことでした▼また、身近な生活空間でAIなど科学的なテクノロジーが発展すればするほど、人は芸術的なもの、人間的温かさを求めるということです▼筆者の体験でも、絵画や生け花、彫刻、壁のカラーデザインなどが建物空間に施された病院や老人介護施設等は職員の対応も親切で、よかったように思います。芸術には音楽という領域もあり、以前の号で、若手音楽家の卵の活躍を取り上げました。今後も、音楽関係には注目していきたいと思っています。(佐藤安市)

◆コラム 携帯電話世代のコミュニケーション を読みました。
明星大学准教授 永田里美氏が、学生とのやりとりで宛名、名乗りなしの用件のみのメールが届くことから、携帯電話世代のコミュニケーションについて触れています。コラムを読んで驚いたのは、学生は手紙ではきちんとフォーマルな文章が書けるということです。手紙と違い、メールという通信手段への認識が学生と我々の世代で違っていると感じます。そして、ユビキタス社会のコミュニケーションは<即時性>を求めながら<現場>を避けるという言葉のやり取りが行われている。そんな携帯電話世代においては「相手意識」をしっかりと認識する必要があると述べられています。とても興味深い内容だと感じました。

教育PROは読者様の感想をお待ちしております。お気軽にこちらhttp://erp-kyoiku.com/mail.htm)からお願いいたします。


2019年9月24日  5:14 PM |カテゴリー: 未分類

今回の表紙は、大阪芸術大学舞台芸術学科です!内藤裕敬教授の構成・演出による特別公演「十一ぴきのネコ」の写真を掲載しています!皆さんのいきいきした表情からも素晴らしい公演だったことが伺えますね。

◆編集後記
「自己研修をする教師は必ず生き残る。学び続ける教師は大丈夫」。そんな主催者挨拶の励ましの呼びかけで、「第20回教師力向上研究会」(38面「情報交差点」に速報記事を掲載)がスタートし、現場での授業研究を踏まえて研究協議が繰り広げられました▼「AI(人工知能)の時代になったら今の仕事の半数はなくなり、教職の仕事も例外ではないのでは」という懸念があるからです▼ただ課題はなくなってはいません。「働き方改革が却って学校現場を苦しませてはいないか」という問題提起があるからです▼『照一隅』(32-33面)でも触れられていますが、OECDの≪国際教員指導環境調査≫では、日本の教員の研修時間が先進諸国の中で最短であるという実態です。教員個人の自己努力ではいかんともしがたいものがあります▼教職員の採用数を増やすことによる業務の精選と負担軽減、健康管理と教育環境整備などが焦眉の課題だと、9月の新学期を迎えて痛感します。(佐藤安市)

◆この一冊 を読みました。
湯峯裕氏(桃山学院教育大学教授)により、『なつかしい時間』(長田 弘 著)が紹介されています。記事の中で、本書の文章をいくつか抜き出されています。紹介されている文章は本書のほんの一部だと思いますが、「もっともあたりまえの時間がもっとも新鮮な時間でなければならないのだということを考えます。」という一文が心に響きました。読むと心が豊かになるような本に出会えるというのは、とても貴重なことだと感じます。

教育PROは読者様の感想をお待ちしております。お気軽にこちら(http://erp-kyoiku.com/mail.htmからお願いいたします。


2019年9月10日  3:01 PM |カテゴリー: 未分類

教育PRO2019年 <第19号> 8月27日号をお届けします!

体育の強みを生かした教員養成
今回の表紙とインタビュー記事は、大阪体育大学です! 複数の教員免許を取得できる「教育学部」の設置の背景と、大阪体育大学の教育学部ならではの強みについて取材記事が掲載されています。どのような教育を進めているのか、学生の悩みへの対策など具体的なエピソードを多くお話いただき、大変勉強になる内容です。

・スポーツが人に与えるもの
「スポーツと教育」コーナー、比嘉悟氏(芦屋大学 学長)は、発刊された『スポーツの力』への感想を紹介されています。寄せられた言葉からは、スポーツを通して学んだ力で、健康面においても人間関係においてもスムーズになり、また、旺盛なチャレンジ精神を持ち実現させる力にも繋がっていることがわかります。このほかにもスポーツに関する想いが千差万別であることを紹介されています。
体を動かすことはあらゆることを変える力があるのかもしれません。スポーツを通じてまたそれまでと違った考えや、力が沸き上がるお話を見ると勇気づけられ、自分もやってみようという気持ちになります。

<編集後記>
このところ毎号掲載している「NOWいんたびゅう」の記事はいかがでしょうか。教員養成系の大学を中心に、注目の学科や学部についてキーパーソンとなる方々にじっくりお話を聞くスタイルを取っています。筆者も取材を行い、記事を作成する過程で毎号内容に納得し、参考にさせてもらっています▼今号も「NOWいんたびゅう」(八─十一面)で、大阪体育大学の野田理事長ら三人の教員に、教育学部立ち上げの経緯や、学生を育成する思いやコンセプト、今後の戦略などを知ることができました▼筆者も二十年以上も前、記者として小学校現場で取り組まれている研究活動を頻繁に取材したときのことを思い起こすと、研究活動が活発な学校は、体育の得意な教員が元気で、しかも〝チーム学校〟がうまく機能していたように思います▼道徳教育、IT教育、英語教育、プログラミング教育など新しい時代の教育を進めようとしたら、若い年齢層の教員を先頭に〝チーム学校〟がうまく機能しないと前に進まないように思います。(編集長:佐藤安市)

教育PROでは、特に面白かった記事や、興味深いテーマなどについてご意見ご感想を募集しています。
こちら(http://erp-kyoiku.com/mail.htm)のフォームから是非メッセージをお寄せください!(ご紹介時に、所属記載可能・匿名ご希望など承ります)
いつの号のご感想でも構いません。あの時のあの記事について、著者へどうしてもメッセージをおくりたい、この大学の○○学部の取材をもっとみたい、なども歓迎いたしております!


2019年8月30日  10:14 AM |カテゴリー: 未分類

教育PRO令和元年 <第18号>8月20日号 特集号 をお届けします!

第5回ERP教育フォーラムの内容が特集されています!

第5回ERP教育フォーラム
─大学入試改革と求められる学力─「授業で学ぶ表現力」

<解説>
「変わる大学入試」(記述問題の動向) 藤原真二郎氏(株式会社ベネッセコーポレーション 学校カンパニー 大阪支社長)
<実践発表>
「説明文から学ぶ表現力」~小学校教材「いろいろなふね」~ 二瓶弘行氏(桃山学院大学教授)
<実践発表>
「NIEと記述力」~新聞記事を活用して~ 藤浦 淳氏(清風中学校・高等学校 常勤顧問、元産経新聞記者)
<総括講演>
「小・中・高を貫く言葉の力」 梶田叡一氏(桃山学院教育大学 学長)
(司会)井原暢子氏・(開会挨拶)五百住 満氏・(閉会挨拶)古川 治氏


・AI時代の職業
藤浦氏は、小学校での授業で、「AIが職業を減らすのですか?」という質問を受けたと述べています。記者としての様々な取材経験などからも、どんな仕事でも(とくに人と人との関係)、臨機応変な対応が求められるので、そう簡単に職業は減らないと話しています。
そういった「人ならではの能力」を駆使した仕事というのも、どのような人でもできるという訳ではないと思います。経験により知識が培われてこそ、能力として実感できるのではないでしょうか。情報を得ること、適切に情報を取捨選択すること、つまりは読む力を鍛えることが、さまざまな分野の仕事に派生的に役立つのかもしれません。
研究会で講師の方々のお話を聞くと、教育改革の理由は、それまでぼんやりと想像していたよりも非常に奥深く重要で必要なことであると感じます。ただ実行に移す段階でどのように取り組んでいけばよいのか、具体的な方法について、今後も多くの方と情報交換・共有をしていけたらと思います。


教育PROでは、特に面白かった記事や、興味深いテーマなどについてご意見ご感想を募集しています。
こちら(http://erp-kyoiku.com/mail.htm)のフォームから是非メッセージをお寄せください!(ご紹介時に、所属記載可能・匿名ご希望など承ります)
いつの号のご感想でも構いません。あの時のあの記事について、著者へどうしてもメッセージをおくりたい、この大学の○○学部の取材をもっとみたい、なども歓迎いたしております!


2019年8月26日  10:22 AM |カテゴリー: 未分類

今回の表紙は、大阪芸術大学短期大学部保育学科です!
多くの新入生を迎えて、和気あいあいとしている様子が伝わってきますね!

◆編集後記
毎号の掲載記事に目を通し、誤植はないか、数字や固有名詞に間違いはないか、論旨は通っているかなどと、編集者の仕事として読ませて頂いていますが、一読者としてつい読みふけてしまうことがあります▼今号4-5面の『時評』(吉田敦彦氏)もそのひとつです。30年にわたる「平成という時代」はどういう時代だったのか、国内外の政治・経済・社会情勢のダイナミックな変化を背景に、それと軌を一にした形で教育改革の流れを概観しています▼では、令和の時代はどうなるのか。後半の下りで、「~気候変動など地球規模問題群の深刻化も伴い、素朴にグローバル市場の原理に委ねるだけでは、持続可能な未来はありえないという認識も強まってきた」とし、国連SDGs(持続可能な開発目標)やCOP(気候変動枠組条約)等を手掛かりに論を展開されています▼その動きにこれからの教育改革の営みをどのように重ねていくのか。『時評』の執筆陣にはこの吉田氏をはじめ、崎谷康文氏、大倉健太郎氏、島崎英夫氏の四執筆陣が充実しています。(佐藤安市)

◆スポーツと教育 「文武両道」について を読みました。
記事の中で、昨今は運動ができる子たちには学力も求められるようになっている。実際に本をよく読むという選手が多く、スポーツで成果を出すためには考える力が必要だからだということが語られています。体力や技術を身に付けるだけでなく、勉強することがスポーツにもつながるというのはとても興味深いなと感じました。

教育PROは読者様の感想をお待ちしております。お気軽にこちらhttp://erp-kyoiku.com/mail.htmからお願いいたします。


2019年8月9日  3:21 PM |カテゴリー: 未分類
 
 
 
 
 
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

梶田叡一先生について

メッセージ・略歴・著書

商品・業務紹介

「教育プロ」の発刊

古文・名文暗唱ノート

ERPブックレット ERP TMシリーズ

作文・小論文添削講座

PISA型学力テスト

講師派遣・コンサルタント

大阪私中高連

アマゾン

facebook

twitter

Page Top